助けを求める(救助要請)


_20160116_154801

救助を求める方法について考えます

携帯・スマホとか持っている場合

まずは119番通報です

  

電話回線が使えなくなったら

Twitterを使ってSOSを拡散する
そのとき
「#救助」
「#地域名」
というハッシュタグをつける

具体的な被害状況
被災人数
を書くことも大事

GPS機能を有効にしておくと場所がわかりやすい

近くの地方自治体のアカウントなどのライフライン検索や
@TwitterLifelineのリストでチェックすると狙いが定まりやすいでしょう

そして救助されたら元のツィートを削除しておくこと

そうしないと無駄に情報ばかり拡散してしまいます

※ Twitterと災害救助は今後も考察を深化させたいです

Twitterも使えないとき

見つけてもらうことが第一です

  • まずは少しでも安全性を高い状況に身を置きます
  • 無駄に体力を消耗しないように落ち着きましょう
  • 保温を心がけます→低体温症って怖い!
  • 自分の存在を知らせましょう
  • なんでも音の出るものを使います(叫ぶと消耗してしまいます)→ホイッスル
  • ライトを使う(電池の消耗を考えて効率よく使いましょう)
  • 反射するもので存在を知らせる
  • 長期戦と判断したら携帯の電源は切って必要な時だけ使ったほうがいいと思います

広場があれば

目立つ素材でSOSと書きます

大きく上空から見えるように

そして あきらめないでください