トレッキングシューズ(軽登山靴・マウンテンシューズ、ハイキングシューズ)


最近は登山ブームもあっていい靴をお持ちの方が増えていらっしゃいます

ここでの目的は
 逃げる;避難時
 働く;自宅の片付、救助、復興

 を目的に考えます
 登山を目的としていませんが足を守る点では同じです
 したがって、くるぶしまで覆うハイカットがいいです

”ハイカット”について考えていきます

 
ハイカットを勧める理由

「安全靴って」 「ミリタリーブーツ」と同じ理由ですが

  • くるぶしを守る
  • アキレスけんを守る
  • 異物の進入を避ける
  • 簡単に脱げない(かかとが浮かない)
    です

トレッキングシューズの良いところ

  • 当然ですが歩くのに適しています
  • 普段から気軽に履けていざというときも心強い
  • ゴアテックス装備もいまや普通になってきている
  • サイズ、デザインも豊富
  • 価格も安いものから高品質のものまで豊富にある
  • 売っている店が各地にある
       →靴選びの基本である”実際手に取って””履いてみる” が可能です

あえて欠点といえば

欠点というほどではないのですが

  • 個人的に気になってしまうのが
    D環とフックです
  • このおかげで紐は締めやすくなっているのですが
    状況によっては引っかかります
    藪の中やブッシュでつる性の植物やなんやらが気になります
  • それとフック
    足を擦るように歩く人はフックにロングソックスやズボンの裾を引っかけてしまうことがあります
  • またフックにあたると物に傷がつきます
  • 緩く紐を締めていると時としてフックから紐が外れます
    一か所外れると全部外れちゃいます
    あの長い靴ひもはほどけると危険です
  • 復興の際 機械運転などの時には充分注意したいものです

ナイロン系かレザー系か

トレッキングシューズのアッパー素材は大きく分けて
ナイロン系と本物の革のレザー系に分かれます

 ”どちらでもいい”って結論です

  • レザーは丈夫ですが
    濡れると乾きにくいです
    機能だけを考えればナイロンに分があります
  • オシャレに”常時履く”のであればレザーでしょう
    レザー系でしたら  
    私は東京巣鴨にある「ゴロー」で作った靴を愛用しています
    家族もゴローファンです
    ゴローさんからいくらか貰っているわけではないのですがww
    ゴローさんへの熱い片思いは話が長くなるのでこの辺にします
    (いつか話したいなぁ)

シャンクについて

シャンクって土踏まずの意味らしいです
靴本体と靴底の間に”芯”があります
靴の背骨ですねこれがシャンク

ヘビーな登山をする場合シャンクがしっかりしている靴を選びます
重い荷物に靴底が沈みこまないようにしたり
岩登り・氷壁用の靴だとつま先だけで体重を支えるので硬いシャンクが必要になります

しかしここでは災害時(コンセプトは常時身に着けている)なので
あまり硬いシャンクはお勧めできません
かといってフニャフニャなスニーカーのようでは
瓦礫やデコボコ道を歩くのはつらいです
ほどほどがいいです
一般にトレッキングシューズ(軽登山靴)であれば問題ないでしょう

加水分解について

最近問題になっている”加水分解”

トレッキングシューズの世界でも無縁ではありません
”加水分解”については高校の化学の教科書を思い出してください
(私はイマイチよくわかんない部類かな)

トレッキングシューズの場合特に
靴底と本体の間のポリウレタンが問題のようです
どうなるか
ボロボロになってしまいます
靴底がはがれるケースが多いです

一番やばいのが
履いている途中で靴底がはがれる

私はスニーカーで経験があります
両方同時にはがれたので
靴底がはがれた→躓いて→オッと反対の足を出して姿勢を立て直す
そのはずの反対の足もはがれた靴底に引っかかって出てこない
膝からドシンーン
両膝打撲 激痛でしばらく動けませんでした

いつも使っているものより
長く仕舞ったままの靴の方が”加水分解”起こりやすいです
そう”常に身に着けている”です

しつこいですが

「安全靴って」 「ミリタリーブーツ」でも言っている
踏み抜き防止インソール忘れないでね
復興の作業の際だけでもいいと思います
普段からだとちょっとねという方は
普段はショックを和らげる関節にやさしいインソールを入れておくといいと思います
※ フィッティングの時はインソールを持参するか
  店員さんに言えばフィッティング用のインソールを貸してくれると思います

メーカーは多々あれど・・・
たくさんありますね思い浮かぶだけでも
 スポルティバ(LA SPORUTIVA)、シリオ(SIRIO)、ザンバラン(ZANBERLAN)、ハンワグ(HNWAG)、スカルパ(SCARPA)、サロモン(SALOMON)、アゾロ(ASOLO)、マムート(MAMMUT)、ローバ(LOWA)、トレゼッタ(TREZETA)、ガルモント(GARMONT)、ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)、コロンビア(COLUMBIA)・・・まだまだあります
ふう 疲れた
足幅が狭い方は外国のメーカーでも問題ないですが
足幅の広い方は要注意!
(外国のメーカーでも日本人向けに製造しているものもあると思います)

忘れてならない日本のメーカー

日本人をメインターゲットにしているわけですから足の形に合うものが見つかりやすいでしょう

  • キャラバン 信頼の老舗、昔のキャラバンシューズをご存知のかたはかなりのベテランかな
  • モンベル なかなかかっこいいデザインが揃っています

私も今ナイロン系のトレッキングシューズを探しているんですがキャラバンかモンベルを狙っています
私は、
ある程度の品質であれば
価格の安いものを
ガンガンに履いて履きつぶします
そんなサイクルで使っていれば
加水分解の心配もないし
気楽だし

参考までに貼っておきます↓

mont-bell(モンベル) GORE-TEX テナヤブーツ WS/RDBR/23.5 1129298 [0018_1129298] アウトドアギア シューズ トレッキングシューズ トレッキング用 スポーツ 登山 靴 ブーツ その他

価格:19,131円
(2016/1/25 21:39時点)

Caravan C-1 02S【キャラバン】トレッキングシューズ【P】アウトドア トレッキング 登山 靴 ブーツ シューズ ハイキング 山登り 【4tp19】

価格:15,984円
(2016/1/25 21:41時点)

こちらも参考にしてください
災害 ゴム長靴はダメなのか?