ペットの避難


bsPP_nekobochi

災害時ペットはどうなるの?

東日本大震災では多くの犠牲者が出ました
そして動物たちも多くの被害をこうむりました

当然 畜産動物は膨大な数の犠牲が出ました
伴侶動物では犬に関しては3000頭以上が命を落としたようです
放浪状態になっての餓死等まで入れるとはっきりわからないでしょう

狂犬病予防法に基づく登録が義務付けられている
犬は被害数がわかりますけど
猫やその他の動物はその数は計り知れません

繋がれている状態やケージに入っていて死亡する
放浪状態で行方不明になる

考えるのもつらいです

とりあえず運よく避難できたとしても

その後のことが心配です

私のうちにも猫2匹、犬1匹がいます
そのうち猫1匹は全盲です
何かと不安がよぎります
動物ですが家族です、わが子です

災害時は個人なんて非力なもんだと思うんです
悩んでても仕方ないです

行政がどのように取り組んでいるかを知ることから
助かる道を探りましょう

災害に備えた動物救護体制の整備状況
を把握する必要があります

官公庁のサイトです

環境省;災害時におけるペットの救護対策ガイドライン
長いですが見てください

”ペットの災害対策”です
環境省自然環境局のホームページ

この中に ↓ があります
備えよう!いつもいっしょにいたいから (環境省のパンフレット)

先ほど挙げた環境省の
“災害時におけるペットの救護対策ガイドライン”
考え方はわかりますね

さらに進んで

自分が住んでいる自治体がどのように対応しているか
確認の必要があります

同行避難についての方針の有無
  ↓
避難所でのペットの受け入れについての方針の有無
・・・具体的に町、村でどのようなルールになっているか確認の必要があります
  ↓
仮設住宅でのペットの飼養についての方針の有無
・・・仮設住宅に入ることになったっ場合の想定も必要です

一時預かりの制度、団体がどの程度あるのか

日ごろからチェックしておくと
いざというときあわてないで済みます

日ごろからかかりつけの獣医さんトリミングサロンなど

災害時の時の話をしておくことで
ヒントになるお話を聞けるかもしれません

また飼い主さん同士コミュニケーションがあるといいですね

ワンちゃんはお散歩、ドッグランで知り合いも増えますが
ニャンコ、小鳥、その他は努力して話し合える仲間を作っておくと心強いと思います

地元にどのような民間団体があるかも
知っておいたほうがいいと思います
付き合えそうならイベントとか参加してもいいでしょう

MSN ペットサーチ

日本マイクロソフトは2011 年 4 月 14 日から「MSN ペットサーチ」を開始しました。
震災で行方不明になったペットの情報を検索したり
新しい飼い主として名乗り出ることができます
対象の動物は、イヌ、ネコです
その他の小動物については検討中らしいです

飼い主を失ったペットの新しい飼い主になることを希望する場合は
動物を保護している団体などへ連絡することもできます

MSNペットサーチ 
こちらのサイトをご覧ください

 

次は

ペットの避難グッズ(屋根があるところ編)