災害時の精神医療とこころの問題


-shared-img-thumb-TAKEBE160224300I9A0331_TP_V

災害時の精神医療とこころの問題について考えます

私には苦しみの中にいる方々を救う力はありません
私にできることはこの記事を正しく書くことと
再出発の一歩を踏み出せるように心からお祈り申し上げることです

目次

災害時の心の問題
  どのような状態になるか
  PTSD
  特に子供
  特に高齢者
  特に障がい者

緊急支援
 東日本大震災の時
 災害時こころの情報支援センター
 DPAT;災害派遣精神医療チーム
 DMISS;災害精神保健医療情報支援システム

大切な人を亡くした場合
 災害グリーフサポートプロジェクト
 行方不明者の家族の方
 サイバーズ・ギルト

災害時の心の問題

心に傷を負っている人に

思い込みで接しないでください
押し付けることはしないでください
時間をかけてください

どのような状態になるか

大きな事故、災害、犯罪に出会うと多くは心に深刻なダメージを受けます
苦痛の感じ方、耐える力は人それぞれです

辛そうな人がいたら
無理な接し方をせず専門家の指導を仰ぎましょう

素人判断は迷路に入り込んでしまい深刻な状態になります

知らず知らずのうちに自分の心も傷ついています

それが自覚できればいいのですが・・・

危機状況は一時的なものならば次第に回復しますが

少しでも変だったら早めに相談を受けましょう
一人で抱え込まないことです

自分が弱いからこうなるんだとか考えないことです
強い、弱いは関係ないのです

対応できるレベルはおおむね以下の段階に分類されます

  • 「一般の被災者」レベル、地域コミュニティで対応可能
    コミュニティが回復して行く中で心の健康が回復していけるレベルです
    地域コミュニティの維持回復・再構築が非常に効果的です

対応;
一般住民
ボランティア
地域リーダー
民生委員
学校/教師
社会福祉士
精神保健福祉士

  • 「見守り必要」レベル

このレベルでは、ケアを行わないと「疾患」レベルに移行する可能性が高い被災
者や、悲嘆が強く引きこもり等の問題を抱えている被災者が対象です

対応;
保健師
臨床心理士
精神保健福祉士

  • 「疾患」レベル

このレベルにおいては、発災により医療ケアが必要と判断された被災者や発災前
から精神疾患を持つ患者への処方・投薬等の精神科医療ケアです

対応;
精神科医

 

PTSD

PTSD(Post Traumatic stress Disorder)
心的外傷後ストレス障害
「トラウマ(心的外傷)」
のことです

子どものPTSDの理解と対応、大人の急性ストレスへの対応、支援者の心のケア等を中心にした資料
事件、事故、災害時の危機介入のための資料室
を参考にさせていただきました

大人は「自我」が確立しています
自分が考えるところの自分ね
これが現実に対応しています(健全な状態)
  ↓
この「自我」の現実対応を超える
災害、事故、犯罪、暴力などに見舞われると
心がケガをしてしまいます
この傷がトラウマ(心的外傷)です
  ↓
この「自我」の現実対応を超えることが起きると
苦痛を感じなくなったり
ひどい体験の記憶をなくしたりして自分を守ります
心の一部を麻痺させるのです
  ↓
しばらくして最初のショックがおさまって
適切な処置を受けたり、タフな人は自然回復します
しかし心のどこかに麻痺が残ったままだと
心と体に不調が現れてきます
  ↓
悪夢、フラッシュバック、頭痛、腹痛、吐き気等
  ↓
診断は専門家の手にゆだねるしかありません
  ↓
PTSDのある方に接しかたは?
  ↓
素人にできることは

  • 安心できる環境を作ることです
  • 押し付けてはいけません
  • 親友からの心配する電話も替って話すほうがいいようです
  • 災害、事故、事件のニュースは見せないほうがいいです

特に子供

子供は「自我」が確立してません

防波堤であるべき「自我」が低くもろいので
大きなダメージを受けます

様々な症状が出ますが
こんなことがあったんだから
いろいろな心や体に不調が出るのは当たり前だよと言って
受け入れてあげましょう

  • 内科的な病気ではなく
    吐き気
    腹痛
    めまい
    頭痛などが起きます
  • 親を心配させまいとして感情を殺して
    ボーッとしたままの状態が続く
  • ちょっとした刺激でびっくりしてパニックになります
    急に体にさわったり、声をかけても激しい反応をします
  • 目の前で起こっている事実が受け入れられなくて
    現実のことではないようにふるまったり話をします
  • イライラしたり落ち着きがなくなります
  • 時として暴れます
  • 赤ちゃん返りします

いずれも叱ったり否定せずに
話を聞いて
できるだけそばにいましょう
優しいスキンシップが大事です

なるべく早く専門家に助けてもらいましょう

特に高齢者

体も心も
変化に対応する能力が極めて低いことが多いです

住み慣れた家から離れる
なれない避難所での生活

持病も不安です

私は常に思うのです
高齢者は表情が乏しい
不機嫌に見える
しかし
多くの高齢者は
若い人の迷惑になっている
若い人が死んでしまって
年寄りの自分だけが生き残ってしまった

そう考えがちです
多くのことで遠慮しがちです
それもムッとした表情で・・・

トータルな洞察力をもって接することができればいいのですが・・・

高齢者をお世話している家族の方々への配慮もできればいいのですが・・・

高齢者の中には支援を嫌う方も多いのです
押し付けずにだんだんと心を開いてもらいましょう

特に障がい者

障がい者といっても様々です

かなり大雑把にまとめてしまい心苦しいところもありますが

一言でいえば
災害時に

多くの障がい者の方は引っ込み思案になりがちだということです

(誤解があればごめんなさい)

そうでない方もいらっしゃいます
しかし打ちのめされた心は誰しも委縮しています

耳の不自由な方が食事の配給のお知らせを聞き逃して
一日一食となったり
耳が不自由だったり、言葉が不自由な方が
災害時の特殊な状況下では健常者のコミニュティに入りづらいと思います

体の不自由な方も生活のすべてでプレッシャーを感じることと思います

精神障害のある方は非日常の状況で
過大なストレスに耐えなければなりません
投薬、通院が途絶えると大変な苦痛を味わうと考えられます

障がい者を助けることは一方通行ではないと思います

昨日まで健康だった人も
ケガ、ストレスで脆い状態になってしまいます

何が手助けになるか少しづつ聞き出せると
助け合えるチャンスが増えます

同じ被災者でも助け合うことで共感が生まれ
孤独感が和らぎ支えあえると思うのです

 

 

緊急支援

 

以下はにわか仕立ての知識でスミマセン
とりあえずまとめてみました

東日本大震災の時

厚労省に災害対策基本法第30条に基づく「心のケアチーム」の派遣斡旋要請があり
全国の都道府県と調整して57チームが派遣されました

超大雑把にいうと「心のケアチーム」って精神医療の専門家で構成されたチームです

精神科医師、看護師、保健師、精神保健福祉士、事務職、臨床心理士など

東日本大震災では活動手法に関していろいろルールが定まっていなかったから
課題が残りました

  • 災害で被害をこうむった精神医療機関が孤立して
    患者を搬送する時、人員物資の支援の仕方がわからないなど障害が生じました
  • 精神医療の現場で何が必要かの把握が難しかった
  • 指揮命令系統がなく現場ごとの頑張りになってしまった
  • 他機関との連携の窓口がなく活動が十分力を発揮できなかった

災害時こころの情報支援センター

東日本大震災の課題を踏まえて
国立精神・神経医療研究センターに
「災害時こころの情報支援センター」が設立されました(H23年12月)

独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
災害時こころの情報支援センター
を参考にしました

主な役割は(平成24年以降)

  • 災害に関連する精神症状等への対応に関する助言と各県間の連携の調整・管理
  • 被災地の心のケアに関する情報を効率的に集約し、被災県にフィードバック
  • 研究事業等の窓口機能
  • 被災地における心のケアや調査結果の公表等総合的な調整、助言指導、データ分析

災害時の精神医療の管制塔の役割です

大規模な災害、事故、犯罪の場合都道府県だけでは対応が困難です
災害時の精神保険医療のマネジメントに関する知見が必要になってきます
心のケアセンター、DMAT等の医療チームとの有機的な連携が重要です

災害時には

DPATの派遣要請(DPATについては後述)
被災地情報等の提供、主にDMHISS(後述)を介して行う
  インターネットが使用不可能な場合は衛星携帯電話システム
DPAT、保健師、DMAT等との情報連携
心のケアチームとの連携
DPATの活動記録の蓄積
全国統一の相談、診療記録

災害後または災害時は

活動記録等の効果的な活用

平常時

有事に備えた事前準備

 

DPAT

災害派遣精神医療チーム
DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team)
平成24年度から災害派遣精神医療センターで
「DPAT研修」が開催されています
DPATの派遣・受け入れの演習などを行っています

おおよそですが
1班あたり約1週間を標準として長期継続の派遣もあります
発災後72時間以内に活動を開始します

都道府県及び政令指定都市によって組織されます
専門的な研修・訓練を受けた災害派遣精神医療チームです

DPATの定義は
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課によると
以下の通りとなっています

自然災害や航空機・列車事故、犯罪事件などの大規模災害等の後に
被災者及び支援者に対して、被災地域の都道府県の派遣要請により
被災地域に入り、精神科医療及び精神保健活動の支援を行うための
専門的な精神医療チーム。
・自然災害に限らず犯罪事件 ・航空機 ・列車事故等の大規模な集団災害
 において、一度に多くの傷病者が発生し医療の需要が急激に拡大する
 と、被災地域の都道府県等だけでは対応が困難な場合も想定される。
・ このような災害に対しては、被災地域での精神科医療及び精神保健活
 動の支援を行いつつ、被災地域に参集する各医療関係団体から派遣さ
 れる医療チームとの有機的な連携が重要。
・また、このような災害時の精神医療活動には、通常の診療に加え、
 DMAT等の多様な医療チーム、保健師チーム等との連携を含めた災害
 時精神保健医療のマネージメントに関する知見が必要。
・ この活動を担うべく、専門的な技術 ・能力を有する災害派遣精神医療
 チームがDPAT。

災害発生時の統括は
DMATと同じ災害医療本部(県庁等)に置かれます

DMHISS

災害精神保健医療情報支援システム
(Disaster Mental Health Information Support System ; DMHISS ディーミス)

災害時こころの情報支援センターが運用します
インターネットを使った情報共有ツールです
派遣要請、派遣先割当機能、活動記録機能、集計機能を持っています

DPATの報告はこのDMHISSを使って行われます

DMATは災害派遣医療チームです
 救急救命の医療チームで発災と同時に派遣されます
 標準およそ48時間の活動で緊急の活動をします

 

大切な人を亡くした場合

やるべきこと Do
・深く悲しんでいる人に、いま体験していることは、このような場合には起こって当然の反応であることを伝えまし
ょう。
・亡くなった人を「故人」と呼ぶのではなく、名前で呼んでください。
・悲しみ、孤独感、怒りが、おそらく一定期間は続くことを伝えてください。
・悲嘆や抑うつ感が続くようなら、宗教関係者か悲嘆を専門とするカウンセラーに話すよう伝えてください。
・医師、市町村あるいは国の精神保健部門、地域の病院などに相談できることを伝えてください。

兵庫県こころのケアセンター
「サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き 第2版」日本語版より

この章は
災害グリーフサポートプロジェクト
(災害で大切な方をなくされた方を支援するプロジェクト)から多くを引用させていただいています

災害グリーフサポートプロジェクト

悲嘆(グリーフ)
 大切な誰かを失うことは、苦痛に満ちた出来事であり、人生最大の試練とも言われています。失って初めて、人は死別や喪失がこれほどつらく、悲しいものだと実感することが多いものです。
重大な喪失のあとには、悲しみ以外にも、怒りや罪責感、落ち込みなど、あらゆる種類の思いもよらない感情に苦しめられます。また不眠や極度の疲労感など、身体にもさまざまな症状が出現します。これらの症状は悲嘆反応と呼ばれますが、時には永遠に続くのではないかと思うほど強く、その人の人生や生活そのものを圧倒することがあります。・・・
  上記サイトより引用

JDGSプロジェクトとは(Japan Disaster Grief Support Project)
1)悲嘆の専門家ネットワークの構築
2)国内外の災害時の心理社会的支援の資料の収集、翻訳、紹介
3)悲嘆の理解と適切な対応を促進するリーフレットやマニュアル、ウェブサイトの作成・管理
4)震災で大切な人を亡くされた方の現状、支援の現状などの情報収集、それに基づく支援ネットワークや支援システム作り
5)現地支援者へのワークショップ、現地支援者による遺族へのワークショップ支援
6)遺族会の支援

災害時に大切な方を失ってしまうと
自分自身の「トラウマ(心的外傷)」と「喪失」を両方抱え込まなければならないことになります

まずは
自分自身に優しくしましょう
泣くことは恥ずかしくありません、悲しいときは泣きましょう
規則正しい生活を心がけましょう
お酒など飲みすぎないようにしましょう

無理のない範囲で現実を受け入れていきましょう
合同の葬儀などに出席するとか・・・
信頼できる人、団体に話を聞いてもらいながら少しづつ

日々の生活でも
信頼できる人に助けを求めましょう
こんな弱いことではいけないなんて思わないでください

職場が変わったり今までの人間関係も大きく変わるでしょう

不調に気づいたら医療機関に受診をしましょう

同じ体験をした人が集まる「わかちあいの会(遺族会)」という会あります
そこで自分の気持ちを聞いてもらうことが、大きな助けになることもあります

行方不明者の家族の方

受け入れる現実もないまま時間が経過することは辛く厳しいものです

もう亡くなっている
  と思う日もあれば
どこかで生きている
  と思える日もあります

ずっと不安定な心に苦しみます

決して「忘れなさい」「諦めなさい」と言ってはいけません
自分自身に言い聞かせてもいけません

行方不明の方がいらっしゃる家族や友人のお気持ちの状態は

「あいまいな喪失(ambiguous loss)」

と呼ばれているそうです

あいまいな喪失は二つの意味があります
 ・大切な人が行方不明でその生死が確認できない状態
 ・福島の帰還困難区域の方のように家があるのに帰れない状態

この苦しみをどうすればいいのか
明確な答えはありません
感じ方乗り越え方も各自差があります
ですから家族で同じ意見にたどり着く必要もないのです

あいまいな喪失を提唱したアメリカのミネソタ大学のPauline Boss博士は

「決める必要はない」としています

あいまいなまま
再出発の一歩を踏み出せるようになることを祈るのみです

 

 

サイバーズ・ギルト

survivor’s guilt
生き残った罪悪感

ま、
そのまんまです

何が生死を分けるかわからないのが常ですが

大災害、事故、遭難、犯罪等で奇跡的に助かった人
目の前で身近な人が亡くなり自分は助かった場合

自分が助かったことに罪悪感を抱き
長く罪悪感に苦しめられることがあります

兵庫県こころのケアセンター
「サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き 第2版」日本語版より

言ってはいけないこと Don’t say
・お気持ちはわかります。
・きっと、これが最善だったのです。
・彼は楽になったんですよ。
・これが彼女の寿命だったのでしょう。
・少なくとも、彼には苦しむ時間もなかったでしょう。
・何か他のことについて話しましょう。
・がんばってこれを乗り越えないといけませんよ。
・あなたには、これに対処する力があります。
・彼が苦しまずに逝ったことを、喜ばなくては。
・我々は生き延びたことによって、もっとたくましくなるでしょう。
(That which doesn’t kill us makes us stronger. 哲学者ニーチェの言葉)
・そのうち楽になりますよ。
・できるだけのことはやったのです。
・悲しまなくてはいけません。
・リラックスしなくてはいけません。
・あなたが生きていてよかった。
・他には誰も死ななくてよかった。
・もっとひどいことだって、起こったかもしれませんよ。あなたにはまだ、きょうだいもお母さんもいます。
・この世に起こるすべてのことは、より高い次元の存在が計画した、最善の結果なのです。
・耐えられないようなことは、起こらないものです。
・(子どもに対して) これから、あなたが一家を背負っていくんですよ。
・いつの日か、あなたは答えをみつけるでしょう。

つい言ってしまいますよね
気を付けたいものです

大切なこと
被災者の方に接する共通の心がけですが

ひたすら耳を傾けること

だと考えます