ナイフは持てない法律


非常時にナイフは様々な場面で役に立ちます

しかし残念ながら常時ナイフを携帯することはできません

ナイフについての法律

警視庁「刃物の話」
ここに分かりやすい説明があります

銃砲刀剣類所持等取締法

 いわゆる銃刀法です
「何人も業務その他正当な理由による場合を除いては刃体の長さが6センチを超える刃物を携帯してはならない」
とあります
 違反したら2年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。
(折りたたみナイフは刃渡り8センチまでです)

軽犯罪法

 凶器を所持していてはいけません ナイフは凶器とみなされます

「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他、人の生命を害し、または人の身体に重大な害を加えるのに
使用されるような器具を隠して携帯していた者」
 違反は拘留または科料
ナイフの寸法は書かれていないのでどんな小さなものでもアウトです

正当な理由って?

  • 買ったナイフを自宅に持ち帰る、修理のためにメーカーや販売店に運ぶ
  • 釣やキャンプで使うため行きと帰りに持っている
    (忘れてカバンに入れっぱなしとか車に積みっぱなしはアウト)
  • ナイフメーカーがナイフを売るためにナイフやさんに運搬する
  • 料理人が自分の包丁を店に運ぶ途中
    など

その場合でも、目的地に着くまでは厳重な梱包をする必要があります

正当な理由ではない場合

  • 護身のために持ち歩く
  • キーホルダ代わりに身につけて歩く

コンビニで売っているカッターでもダメです

カミソリもダメ
缶切り、アイスピックなど凶器になるものは全部ダメです、鉄の棒もダメです
上記の正当な理由無く持ち歩いてはいけません

ナイフについて結論

つまり6cm以下でも
ナイフは家に置いておくしかないです
非常持ち出しに入れておくのは合法ですが

では避難所に持っていくのは?
職務質問されてウダウダ言われるなら
持たないほうがましですね

ハサミも「凶器」に入ります

医療用で必要な方は仕方ないです
厳重にしまっておきましょう

一概には言えないけれども
アメリカではライフルを担いでスーパーマーケットに行く地方も
あるらしいです
自分で自分を守ることができる文化に敬意を感じます
日本でナイフを所持できない法律ができた背景には
様々な悲惨な事件があったからなのは理解しています
しかしカッターナイフやポケットナイフ、肥後守も持てない
いろいろ考えてしまします

それでも切らなければならない

緊急で紐などを切りたい場合は
僕なら

ガラスを割って使います

そのとき丈夫な手袋があるといいですね
手を守る;災害時は軍手ではないほうがいい?
を参考にしてください

ガラス相手なら断然
皮手がいいと思います

ガラスを割るのはいいですが
散らかったガラスの破片でほかの人が怪我しないよう
配慮して片付けをしてくださいね

段ボール箱を縛っている平たい樹脂のテープならば
何とか一本はずせたら
そのテープをまだ外れていない樹脂テープにくぐらせて
両端をもって速いスピードでゴシゴシやると熱で簡単に切れます

あとは
コンクリートの角とか
割った石なんて結構なナイフになります
石器人みたいですね・・・

こうなると手がすべてを決めます

ケガをしないように守りましょう

それでも非常持ち出しに入れとこうか・・・
刃の長さ5.7cmと小さくて お値段もリーズナブル