避難所、避難場所、一時避難場所 ややこしいな


-shared-img-thumb-PPO_hijyoukuchinotairu_TP_V

 

避難所、避難場所、一時避難場所
良く聞く言葉です

どれも同じようだろう・・・なんて考えていたら大変なことになります

 

 

何があるのか

だいたいのイメージはこんなものです

東京都避難所フロー

 

東京都防災ホームページ
”避難所及び避難場所”より

避難所

災害で住む場所を失った人たちが一定期間生活する場所です
カタイハナシだと

「指定避難所」といいます

  • 災害で住む家が壊れた
  • 土砂災害の危険がある
  • 河川の決壊の恐れがある
  • その他異常な現象によって家から離れなければならない

そのようなときに宿泊滞在する場所です
食料や水の備蓄やトイレなどがあります

市区町村長が指定して公民館、学校の体育館などが使用されます

 

避難場所

大抵は大きな広場、公園などの屋外のスペースです
カタイハナシでは

「緊急避難場所」です

「広域避難場所」とも言います

ようは「場」が付いている方だと思ってください

災害が発生した時に地域の人やその辺を歩いている人が避難します
電柱などにもサインがある地域もあります

食料や水の備蓄はありません

 

一時(いっとき)避難場所

 

災害が発生した場合にとりあえず地区住民、帰宅困難者などが集まる場所です

比較的小さいスペースです

ここに集まって様子を見ます

被害が大きいようなら
みんなで「避難場所」や「避難所」に移動します

主な目的は
とりあえずの安全確保
集団で避難した方がリスクが少ないです

注意したいのは津波の時です
そこが津波の襲ってくる高さより高いかどうかです

時と場合によっては臨機応変に対応したいものです

 

福祉避難所

 

要配慮者つまり高齢者、乳幼児、障がい者などを受け入れる避難所のことです

災害直後からあればいいのですが

受け入れ体制を整えてからの開設になろうかと思います

まずは避難所に避難してから後の移動となると考えます

 

避難所検索のアプリ貼っておきます

 

防災情報 全国避難場所ガイド

避難所検索のアプリです