逃げないという心理


-shared-img-thumb-YOU72_bokujyouushisan_TP_V

災害というと”パニック”を思い浮かべます
映画などではその方が絵になりますからね

災害が起きているシーンで
何もしないでボーッとしている人々では映画になりません

しかし現実には

避難を開始せず逃げ遅れて犠牲になる方が多いのです

あなたもその一人かもしれません

逃げないんだな これが・・・

  • 地震があった→ 津波が来る
  • 火事だ→ 煙が充満してきた
  • 大雨だ→ 家が浸水する

一刻を争って避難を開始すると思うでしょう?
まして警報が出ていたら・・・

避難しないんです

考えられませんが誰しも陥りやすい

心の仕組みがそこにはあるのです

  • 交通事故は毎日どこかで起きています
    明日 私は交通事故に遭う
    本気でそう思うひとはいないと思います
  • 突然死の話は良く聞きます
    明日 私は死ぬことがある
    毎日そう考えては生活していません

 

正常性バイアス(normalcy bias)

これは正常の範囲内という思い込み

生物は目の前の出来事にいちいち驚いたり恐怖を感じません
それでは体が持たないです また まともな判断ができないからです

人は危険な状態になっても

大丈夫OKと思って心のバランスをとろうとします

実際に煙が立ち込めてきても

火事だ → 逃げろ
ではなく

火事だな → 消えるだろう・・・まだ正常の域内だ

または

煙が充満してきた → 火事が起きるはずがない

津波だ → 逃げろ
ではなく

津波だ → ここまで来ないだろう、来ても小さいだろう・・・まだ正常の域内だ

となるのです

だから何もしないのです

多数派同調バイアス(majority synching bias)

何か非日常的なことが起きた場合

みなさん周囲の行動を観察しませんか?

みんながやらないのに自分だけ「たいへんだぁ?」と叫んで
逃げますか?

会社で地震の時も机の下に真っ先に潜り込みますか?

こうやって周囲の状況を探って平静を装おうとする心理が
災害発生現場に発生した場合
周囲の探り合いが連鎖してしまい

「何もしない」に陥ります

「かっこ悪い」という感情も非常に危険です

こちらも参考にしてください
 →津波てんでんこ、命てんでんこ

 

フリーズ(固まる)

災害に遭遇する、暴漢に襲われる

反応は次の3つに大別されます

  • 落ち着いて行動する
  • パニックになる
  • ショック状態で何もしない フリーズ(固まる)

三番目のフリーズしてしまう人が大半を占めるらしいのです

脳の働きとしては

人は未経験の大きな恐怖、変化、危機に接する
 ↓
脳の認知情報処理機能が混乱してしまい正常な思考ができなくなる
 ↓
脳は建設的、生産的な思考ができなくなり無意味な思考がとりとめなく起こる
 ↓
心、体が凍りつく、何もしなくなる

逃げるのが負担になる

  • 寝たきりの病人がいる
  • 赤ん坊と乳幼児がいるなど
    避難行動の負担が大きい方々は逃げ遅れる傾向にあります

日ごろからの備えを十分にしてとにかく避難行動をとりましょう

もう死んでもいいなんて考えてはいけません
まわりの人は
それでも救助はしなければならないのです
救助しようと必死になります
救助する人たちの生命も危険に陥れます

また、巨大台風、洪水など雨が降り続いて
じわじわと避難の必要性が高まる災害は
時間があるので持ち出せる財産が多くなります
支度が大変です
面倒くさくなって「雨はやむだろう」と考えてしまいがちです

大雨の中ずぶ濡れになって避難なんて・・・
そうは思いますが
避難勧告が出たら行動できるように
その前からしたく始めましょう

これらが複合すると

防災無線が呼びかけようと
町長が叫ぼうと

この呪縛は解けません

だれか同じポジションの一人が行動を起こさないと
呪縛は解けません

この呪縛を解く人を「率先避難者」といいます

パニックも困りものですが
パニックになるな、パニックは危険、落ち着いて行動を
そんなスローガンばかりでは片手落ちだと思います

あなたの防災が進まないわけ

行政もマスコミも大災害の情報は毎日のように流しています
防災の呼びかけも、防災対策も
相当なエネルギーを費やしています(税金をつぎ込んでいます)

なのに
あなたは災害に備えて準備していますか?

していないか 家具に転倒防止具を付けたぐらいでしょう

それが普通だと思うんです

人は自分だけは大丈夫という心の安全弁を持っているのです

  • 大地震が来てもウチは壊れないだろう
  • ウチの家族は運がいいから死なないだろう
  • 阪神淡路大震災も3.11の時も平気だったから大丈夫
  • 普段から体を鍛えているから大丈夫

一度この心の安全弁を外してみましょうよ

内閣府 防災情報のページ
災害時に、なぜ人は逃げないのか
率先避難者について群馬大学大学院の片田敏孝教授のお話も参考にしてください

人はなぜ逃げおくれるのか?災害の心理学
広瀬 弘忠著