ゲリラ豪雨・竜巻・落雷


落雷

落雷

突然襲ってくる激しい雨:原因は巨大な積乱雲です

急激な積乱雲の発達

※以下は個人の主観に基づいています

  1. 遭遇までの時間:短い(起きやすい気象条件は天気予報等で事前に推定はできる)
  2. 影響範囲:中
  3. 被害の種類:急な豪雨・竜巻・落雷・雹など
    1. 急な豪雨;河川の氾濫、土砂災害、地下への浸水
    2. 竜巻;家屋の崩壊、飛来物に当たる、巻き上げられる、激しい転倒
    3. 落雷;感電、火災
    4. 雹(ひょう);家屋・自動車の損傷、身体の損傷、農業被害
  4. 避難の方法
    1. 急な豪雨;
      1. 河川から離れる。今いる場所が晴れていても遠くに黒い大きな雲が見えたら(特に上流地域に見えたら)即!避難
      2. 少しでも高い所へ移動する
      3. 地下から出る
      4. 崖の下で雨宿りをしないこと
      5. マンホールから離れる 蓋が跳ね上がる・吸い込まれる危険がある
      6. たとえ小さな水路でも近づかない
    2. 竜巻;
      1. 丈夫な建造物(できれば鉄筋コンクリート)に避難
      2. 雨を伴っていないならば地下室に避難 バスタブの中でもいい
      3. 河川にいて浸水の危険がなければ大きな橋の下も有効
      4. 窓辺はダメ 余裕があれば全部の窓を閉める
    3. 落雷;
      1. 釣り竿・ゴルフクラブは手放す 冷静に命とどっちが大切か考える。
      2. 木に寄りかかって雨宿りしない(木の幹から離れる)
      3. ラジオのノイズに注意を払って事前に避難する
  5. さらに・・・ 思うんですがやはりラジオって 必要かな

→低体温症って怖い!

→レインウェア