カロリーメイトはやはり凄い!


CalorieMate あの有名なカロリーメイト

非常食にももってこいです

カロリーメイトについて考えてみました

カロリーメイトとは

発売元

大塚製薬株式会社

代表取締役社長は樋口 達夫さん
ではなぜ大塚製薬?

1921年(大正10年)に大塚武三郎が徳島県に大塚製薬工場を始めたのです

目的

「朝食欠食が問題となるなか、時間がない時でも手軽に栄養がとれる“朝食”を作ろうとカロリーメイトブロックの開発がスタート。」(大塚製薬)

さらに大塚製薬ではこのように提案しています(ブロックタイプ)

  • 時間が無い朝や、忙しい時の食事代わりに
  • 仕事や勉強の合間など、おいしく手軽に栄養補給したい時に
  • スポーツ時や、アウトドアの行動食として
  • 無理なく、健康的にカロリーコントロールしたい時に

 

形状、形態

  • ブロックタイプ
     スコットランド地方を代表するお菓子、ショートブレッドをモデルにしています
  • ゼリータイプ
     ものが噛めない時にもいいですね
  • ドリンクタイプ
     缶入りです

 

カロリーメイトの歴史

1983年(昭和58年)4月生まれです
この時は ブロック(チーズ味)、缶(ミルク味)です

1983年11月 缶(コーヒー味)発売

1984年4月 ブロック(フルーツ味)発売

1993年10月 ブロック(チョコレート味)発売

1996年7月 ブロック2本入り 登場

2000年9月 ブロック(ベジタブル味)発売 2004年販売終了
      缶(ココア味)発売
      缶(カフェオレ味)発売

2002年9月 カロリーメイトゼリー(アップル味)発売

2005年6月 缶(コーンスープ味)発売

2009年9月 ブロック(メープル味)発売

2014年9月 ブロック(プレーン)発売

カロリーメイトの成分

五大栄養素
 タンパク質
 脂質
 糖質
 ビタミン
 ミネラル
がバランスよく含まれている

11種類のビタミン
6種類のミネラル

ブロックタイプは1本で100kcal

さらに詳しくは
Calorie Mate へ
(http://www.otsuka.co.jp/cmt/index.php)

カロリーメイトを食べてみた

  ※ あくまで個人的な感想です

お昼にお弁当の代わりに食べてみました
ブロックタイプ一箱4本だと飽きてしまいそうなので
2本と コンビニで買ったおにぎりを2つ頂きました

量的な感想

カロリーメイトはしっかりした食べ応えがあるので
2本とおにぎり2個で、私のお昼ごはんとしては十分でした
おにぎり1個でもいいかなと思いました

味について

いろいろ試しましたが
どれも捨てがたいです
個人的にはフルーツ味、プレーンが好きです
会社の近所のドラッグストアでもこの2種類が早く売り切れます
しかしメープル味も好きだなぁ

数日間昼食に食べた

ビタミン、ミネラルがバランスよく配合されていると思うせいか
気のせいか・・・
これからもちょくちょくこのスタイルでお昼を楽しもうと思います
消化がいいのでお腹の弱い私には助かります

カロリーメイトのカロリー

平均的な日本人一日に必要なエネルギー
女性2000kcal
男性2650kcal

だとすると
私は小柄なので平均値の2325kcalだとして
3食でわると一回の食事に775kcal必要となります

カロリーメイト2本     200kcal
おにぎり1個約180kcal×2個 360kcal
        合計   560kcal

775kcalの72%のエネルギーがとれています
夕食がやや多め、おやつ、お酒等を考えると理想かなと思います

気が付きましたか?
カロリーメイトの名前はカロリーなのですが

ビタミン、ミネラルに比べるとエネルギーが少ない

意外ですね

だからダイエットにはいいですね
1本が100kcalだから計算もしやすいです

エネルギーの調節はさらに2本食べるとか
私みたいにおにぎりやサンドイッチなどと組み合わせるといいと思います

賞味期限

ブロックタイプ、缶 1年
ゼリータイプ  6か月

製造日からです購入した日からではありません

我が家では備蓄の水でも食料でも適当に消費して補充しています
そうすればイザという時に
賞味期限が切れていたなんてことはありませんから

非常用カロリーメイト

こちらはロングライフ
3年の賞味期限があります
安心して備蓄できますね