赤ちゃんと避難


-shared-img-thumb-LISA78_sangurasu20141018094146_TP_V

まずはお母さんがパニックにならないことです
無理はわかっていますが
落ち着いて深呼吸・・・

さて赤ちゃんの避難について考えてみましょう

持ち物の更新を忘れずに

これはついうっかりしますよね

水、食べ物の更新はもとより

オムツのサイズアップも忘れずに

着替えも季節によって工夫しておきましょう
夏場でも朝晩は冷え込むこともあるので
保温中心がいいと思います

最低限の持ち物はこれ

  • 水(加熱殺菌水);一次避難用として3日分は欲しいですよね
             救援物資なんて早くて3日後それも欲しいものが来るか不明です
             避難所と自宅の距離しだいになっちゃうんでしょうが
             できれば3日分少なくても2日分でしょうか
  • 粉ミルク;ストレスで母乳が出なくなることも予想しましょう
  • 哺乳瓶;使い捨てでなんとかしのぎたいです
  • 紙おむつ;これも水と同じ量が必要ですね
  • おしりふき;応用範囲が広いので多目にあった方がいいと思います
  • トイレットペーパー;いろいろな用途がありますね
  • 毛布など;敷いたり掛けたりするのに使います→これ一枚で・・・防災ブランケット
  • 着替え;季節によって忘れずに入れ替えましょう
  • スプーン
    あとは
  • お母さんの荷物

赤ちゃんの兄弟がいればさらに

  • 幼児食
  • おやつ
  • 着替え

歩けるようなら子供のリュックに少しは分担してもらいましょう

赤ちゃんをどう運ぶか

  • おんぶ紐
  • 抱っこバンド
  • トートバッグ;中にタオルとか突っ込んで高さ調整して赤ちゃん(生後間もない赤ちゃん)を入れます
           生後間もないときは首が座らないのでおんぶはできない
           抱っこバンドでもはずんでしまうようなら
           袋に突っ込んだ方が安定します

ベビーカーはダメ
ガレキの中は当然動きも取れませんが
大地震では舗装がガタゴトになってしまうので
中の赤ちゃんはひどく揺すられてしまいます

常に思うんですがこの世の中「絶対」はないです

時と場合によってはベビーカーで行けるところまで行くということで
避難の時間短縮ができます

日ごろから災害のイメージを持つことも大事ではないでしょうか
サバイバルマニアと言われても
心配性と言われても
備えあれば憂いなし
です

こちらも参考にしてください
避難所に持っていくもの

実際に試してみる

さて全部持ってみましょう
赤ちゃんも抱っこするかおんぶするかします

上のお子さんがいたら実際手を引いてみて
ちゃんと靴を履いて

恐らくかなりキビシイと思います
同居の家族があてにならないならば

優先順位(これはひとりひとり違うと思います)の低い方から

二次避難の持ち出しとして分類しましょう

そろえたものは絶対無駄にはなりません

  • 一次避難;
    まずは命が助かるように逃げる
  • 二次避難;
    安全を確保して自宅に荷物を取りに行く
    または在宅避難する

考え方を決めておくことが重要なんです

特に一次避難というか
初期対応については
防災グッズにしても
自分はいくら予算をかけるとか
これだけは持って逃げるとか
決めておかないとどんどん持ち物が増えるか
いやになって何も用意しないという

過ぎたる か 及ばざる に陥ってしまいます

 ↓ おしりふきのスグレモノです

アカチャンホンポの「水99%Super Double AQUA(ダブルクア)
とにかく水がたっぷりです
片手で軽く握ってみました
水がジュワー、ポタポタ まさに洗う感覚のおしりふきでした
うれしいことにシートもすべてメイドインジャパン
水は99%の純粋と同じです
当然アルコール分は入っていません
非常時は体を拭いたり いろいろ使えると思うんです

 ↓ ミルク用としても安心です

  ↓ 使い捨て哺乳びん お出かけにも