PM2.5について


-shared-img-thumb-PPH_kemuriwohukukoujyou_TP_V

今日は意外な感じもするけど”PM2.5”について考えました

大気汚染の概要は

大気汚染の原因

  1. 自然;火山、山火事
  2. 人為的;工場、自動車、火力発電、焼畑、家庭の調理器具、暖房器具・・・

 

大気汚染による死者数

WHO世界保健機構は2012年
大気汚染による死者は全世界で700万人と推定

屋外と屋内に分かれます
屋外;370万人
屋内;430万人

屋内?って思う方もいらっしゃると思いますが
発展途上国では家庭の調理、暖房に薪、石炭、灯油を使うので健康被害が多いのです

双璧は中国とインド
屋外
中 国 約167万人
インド 約94万人
屋内
中 国 約162万人
インド 約169万人

発展途上国の汚染物質でダントツ一位は
粒状物質です
二酸化硫黄は先進国と比べて2.5倍
粒状物質は3.5倍

粒状物質とは

たとえば自動車、火力発電、火山から排出された微粒子・粉じん

これが舞い上がって大気を汚染するものです

代表はPM2.5!

直径2.5μm(μmはミリメートルの1000分の1)の非常に細かい粉じんです
政府広告オンライン”PM2.5”

PM2.5の健康被害

  • 超微粒子なので肺の奥深くに入り込みます
  • 呼吸器疾患・循環器疾患のリスクが高まります
  • ぜんそく・アトピーなどの症状が悪化します
  • 慢性的に吸っていれば癌のリスクも増します

35μm/m3以下なら健康に問題ないとされています
70μm/m3を超えると健康被害が出てきます

PM2.5の対処

水やご飯は少しは我慢できますが
息を止めるわけにはいきません
困ったものです(中国さん)

屋外;マスクでしょうね それもPM2.5対応
   
屋内;70μm/m3を超えたならなるべく外出は控えましょう

室内なら空気清浄機

空気清浄器はフィルターの性能も重要ですが
メーカーの発表する数値は案外機械周辺の数値なのです
いつも空気清浄器の前にいるわけにはいきませんね
せめて対応面積の上限値ではなく
下限値をお使いになる部屋の大きさに合わせて検討してください

数値だけみてもフィルター掃除を怠っては意味がありません