メモ帳 筆記用具 必要だと思う


-shared-img-thumb-PAK_genkanhari15180019_TP_V

メモ帳 筆記用具 災害時こそ文字の力だ

使う場面

使うシーンをイメージしてみます

情報収集

論を待たずですね
災害時の情報収集は非常に重要です
かつ、記憶違いが起きやすいので
しっかりしたメモを取りたいものです

家族への書き置き

家族が出先にいたとしましょう
もし災害伝言ダイヤルでも確実な連絡が取れず
出先から帰ってくる家族より先に避難所に行くなら
何らかのメッセージを残したいです

あまりデカデカと留守を宣言するのも防犯上問題なので
判断は状況次第ですが・・・

第三者へのメッセージ

避難所で自分の居場所を離れるとき
自分を探しに来た人へのメッセージ

「触れないでください」とか
イロイロ出てくると思うんです

こんな場合は目立つメッセージにしたいです

記録

カレンダーも無い中
災害発生から自分はどのような行動をとったのか
記録が何かの役に立つと思います

例えば

  • 今後の行動の判断
  • 使った食料、残りの食料の把握
  • 薬を常用している人は
     薬の記録をつけておいた方がいいでしょう
  • 病気の家族、ケガ人がいれば正確な経過記録が医療を受けた際に
     重要な情報になります

日記

災害時に呑気に日記かぁ??
そう思われるかもしれませんが
大変重要だと思います

記録とは別にさらに個人的なこまごました記録
感情の動きも文字で残すと

自分を見失いがちな状況下では大切な羅針盤になります

筆談用、説明用

筆談が必要な人とのコミュニケーションは想定しておきましょう
自分が声が出せない状況になることも十分あり得ます

レスキュー隊に地図を示したり
図解で説明した方がわかりやすい場合

お絵かき

え?
お絵かき???

子供はどこでも遊びます
災害時はどこでも自由に遊ばせる場所はありません
危険です

手軽に気分を紛らわせるにはお絵かきはいいですね
大人でもお絵かきは悪くないですよ
非常事態だからこそ気分転換の引き出しは多い方がいいんです

筆記用具をシーン別に選んでみた

災害時にスケッチブック持って歩くのは
プロの画家ぐらいでしょう
(姿はランニングシャツ、短パン、ゲタ・・・)

情報収集、記録、日記などはメモ帳がいいです
私が愛用しているのは
工事現場で使う野帳です
それも耐水用
ペンは水性で水に弱いのはダメですね
油性でないとね

 

第三者へのメッセージ
筆談、お絵かきだと
やや大きい方眼ノートがいいと思います
 ↓ これは書籍(本)です

 

太めの油性ペンは何かと役立つと思います

ビニール袋とダクトテープはどんなシーンでも
万能です用意しておいて損はないです

家族への書き置きなど雨に濡れそうなところに
メッセージを残す場合も使えます